Search
  • kayanuma junko

思い出しました

朝のコーヒーをいれようと思ったら豆が最後の一杯分あるかどうか。

ま、とりあえず一杯は確保と思っていれたら、あら、薄い。


しょうがなくそれを一口飲んでみたら、思い出しました。


私のジュエリーの師匠がいれるコーヒーがまさにこれだったなぁ~と。

懐かしい味に思わず今は亡き師匠を思い出しました。

紅茶に近いような色合いで、ある意味何杯でも飲める?という味です。


一日コーヒーを飲むために胃を気遣っての豆の分量だったと当時聞いたような。


すっかり忘れていましたがこれこれ!とひとり思わず笑ってしまいました。


以前忘れられない味を投稿しましたが、これもそうかもしれませんね。





10 views0 comments

Recent Posts

See All

ART?