Search
  • kayanuma junko

世界の中心でアリをさける


「世界の中心でアリをさける」というのは、毎日のコメントが楽しい日めくりカレンダーの5月17日分です。毎朝このカレンダーをめくるのがささやかな楽しみになっています。

が、まさかそのような一日になるとは!!!

今までに見たことのない大きさ・種類のアリを何匹も発見し、アリについて学ぶ一日でした。

まずは少し大きめで黒くておしりに2本のラインが確認できるアリ。少し大きいだけで黒さが強調される感じがします。

第2はさらに大きな羽アリ。やはり少し大きいだけで黒さが際立ち、茶色の羽がもうどうにも許せず放置できませんでした。

第3はさらにさらに大きなアリ。体長2センチはあろうかと思われ、体のくびれ部分がやや赤く見えました。アリについて知識もありませんし、外来種がいるともまったくもって考えていなかったし、なんだか怖くなって退治しました。

更に第4出現のアリは大きさはさほどではないのですが、全身に毛があり(あるように見えました。)頭・胸・おしりがそれぞれ丸くて胸だけが赤いのです。こいつも何やら怪しげなので退治。

去年までは全く見たことのないアリが次々と出現したことでアリについて調べざるを得なくなりました。

調べた結果、第1は全国どこにでもいる普通のアリらしく、第2は種類はわかりませんでしたが、羽アリというアリは存在せず、どのアリにも羽を持ったアリがいることが判明。第3は「ムネアカオオアリ」、第4はアリではなく「ミカドアリバチ」もしくは「ムネアカアリバチ」らしい。どのアリもしくはアリバチも危険なものではなさそうです。

しかし調べてみてさらに驚いたのはこのアリたちがネットで販売されていること!!!怖いっ!

売る側も買う側も私には理解しがたい。この日に私が見たアリたちだけで5000円くらいにはなりそうです。なんともおかしなアリの一日でした。


0 views

        © COZY.JEWEL