金継ぎ

March 27, 2017

また器の話題です。

以前はさほど気に入っていなかったお皿ですが、案外この渋い色合いが使えることに気づいたお皿。

しかし、ふちがどんどん欠けていき見るも無残な状態でしたが、捨てられず絶対金継ぎしてやるぅ―と思っていました。

金継ぎ体験なるワークショップに参加することに。

本格的な金継ぎではなく簡単に修復し、金継ぎっぽく見せるということらしいです。

欠けた部分にエポキシパテを埋めて削ったり磨いたり、その後に金属の粉を混ぜた漆調塗料を塗っていくという方法ですので、短時間で修復できました。

案外気に入っています。本当はちゃんとした金継ぎを施したいと思っていましたが、、、

3枚の修復でしたので、1枚は金、さほど欠けがひどくない2枚を銀で塗りました。いかがでしょうか?

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

オーダー事例

October 9, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

October 22, 2019

October 18, 2019

October 9, 2019

September 20, 2019

September 13, 2019

August 28, 2019

August 25, 2019

Please reload

Archive